月: 2021年5月

オイルエレメントの役割って?交換しないとどうなる?

こんにちは!
今回からオイルエレメントについて書いていきたいと思います。

オイルエレメントは車検や点検の時に、必ず交換する部品です。
実際にどんな役割を果たしてくれているかを書いていきたいと思います。

オイルエレメントの役割

エンジンオイルの汚れをろ過する役割をしています

まず、エンジンオイルは、人間の体で表すと血液のようにな存在です。
エンジンオイルはエンジンの内部を潤滑してくれています。

エンジンオイルは使用することにより、酸化し、スラッジが生成されカーボンやゴミなどで汚れていきます。
その汚れたエンジンオイルをろ過し
きれいな状態を一定期間保ってくれるのが「オイルエレメント」です!
エンジンオイルの劣化が進むとエンジン性能が低下するので、定期的なオイルエレメントの交換や、オイル交換が必要となります。

エンジンオイルや、オイルフィルター交換しないまま使い続けていると、フィルターが詰まってしまい、ろ過されていないオイルが「リリーフバルブ」を通ってエンジンへ行きます。
(※「リリーフバルブ」については後日紹介します^^)

その為、ろ過されていない汚れたままのオイルがエンジン内を通り、
「燃費の悪化」「エンジンが焼ける」など、車に悪影響を及ぼします。

そのような事にならない為に
定期的な「オイルエレメント」の交換が必要となります。

弊社ではプライベートブランド商品・社外部品・純正部品の
オイルエレメントを取り扱っております。
お気軽にお問合せ下さい^^/

☆彡オイルエレメント プライベートブランド商品はこちら☆彡

オリジナル商品オイルフィルタ | オイルエレメント |自動車パーツ専門店
【御用聞きの部品屋さん】 (starpartsjapan.com)

弊社オフィシャルショッピングサイト「御用聞きの部品屋さん」では
PB商品・社外品・純正品などお取り扱いしております!!


車の部品をお探しの方、是非お気軽にご連絡ください^^

SNSも更新中(゜o゜)☆彡

次回は
オイルエレメントの交換の頻度ついて書いていきます!是非見てみてください(^^)/~~~


カーエアコン!冷気が出る仕組みを解析!

こんにちは!
エアコンフィルターについて書いてきましたが、【一旦!】エアコンフィルターについては
今回が最後の投稿となります。
今回は、【キレイで冷たい空気】がどのようにして作られるのか、カーエアコンの構造を用いて書いていきます^^

なんでエアコンから冷たい空気が流れるのか、詳しく説明できる方はどれくらいらっしゃるのでしょうか。
難しい用語も出てきますが、少しでも理解してもらえれば幸いです。

きれいな空気が作られる仕組み

パシフィック工業株式会社商品説明より参照

①エアコンのスイッチをONにすることにより、ブロアファンが回転します。

②ブロアファンが回転することにより、様々なダストを含んだ車外・車内の空気がエアコンフィルターを通っていきます。

③エアコンフィルターを通った空気はダストが除去され、きれいな空気としてブロアファンへ向かいます。

④キレイになった空気は、ブロアファンを通り、エバポレータへとたどり着きます。

※図にも掲載があるように、車によっては、エアコンフィルターがエバポレーターの直前に装着されている車もあります。

エアコンフィルターを通ることにより、きれいな空気となります

■POINT■
エアコンのスイッチがONになったと同時に
冷凍サイクルが行われています
◆◇◆◇◆◇
▼冷凍サイクルには冷媒(クーラーガス)が使用されます
▼冷媒とは・・・冷凍サイクルの際に熱を移動させる熱媒体

冷たい空気が作られる仕組み
=冷凍サイクル(液体→気体→液体)の流れ

冷凍サイクルに関わる部品たち:【自作】


①コンプレッサー
クーラーガスを吸収・圧縮させ、加圧させる

②コンデンサー
高温・高圧のクーラーガスを冷却させ、液化させる

③レシーバー&ドライヤー
不純物や水分をフィルターで除去する

④エキスパンションバルブ
液状になったクーラーガスの量を調整し、噴射する

⑤エバポレーター
クーラーガスが気体となり、熱を奪いエバポレーターが冷える

①~⑤を繰り返し行うことで、冷たい空気が作られます

文章で説明すると・・・
クーラーガスをコンプレッサーで圧縮し、コンデンサーで液化させます。
次に、レシーバー&ドライヤーで不純物や水分などを除去します。
液状になったクーラーガスをエキスパンションバルブで量を調整させ、

エバポレーターへ噴射させます。
その後、エバポレーターでクーラーガスを蒸発させ、

気化熱冷却によりエバポレーターを冷やします。
冷えたエバポレーターにエアコンフィルターを通ったきれいな空気が通ることにより、
室内にきれいで冷たい空気が吹き出し口から出てくる仕組みとなっています。

例えてみますと・・・
お風呂に入ってタオルで拭かずにそのまま過ごしていると体が冷たくなってきます。
なぜ冷たくなるかといいますと、体についた水が気化することで、

体の熱を奪っているからです。
体が濡れたままほったらかしにしてると、いつかは乾きます。
それは、体の熱を奪って、水は蒸発しているからです。

科学的要素が多すぎて、なかなか理解しにくいかもしれません。
車って科学ですね。
人間すごいですね~。

弊社オフィシャルショッピングサイト「御用聞きの部品屋さん」では
エアコンフィルターも取り扱っております!

☆彡エアコンフィルターはこちら☆彡

エアコンフィルター | 自動車パーツ専門店【御用聞きの部品屋さん】 (starpartsjapan.com)

車の部品をお探しの方、是非お気軽にご連絡ください^^
お調べさせていただきます!

SNSも更新中(゜o゜)☆彡

次回は
オイルエレメントについて書いていきます!是非見てみてください(^^)/~~~

ACフィルター自分で交換!約3000円の節約になる!?

こんにちは!
皆さんは愛車のエアコンフィルターがどこについているか知ってますか?
車によって異なりますので、
是非!今回エアコンフィルターの交換方法を知って、交換してみてください^^

安く済むかもしれません(^^)
エアコンフィルターの交換方法と交換工賃について書いていきたいと思います

1.エアコンフィルターの交換方法

①グローブBOXを取り外す
(ほとんどの車種は助手席側のグローブBOXの裏側に設置されています)

グローブBOXを取り外す

②グローブBOXを取り外すとエアコンユニットがあります

グローブBOXを取り外すとエアコンユニットがあります

③エアコンユニットに付いているカバーを取り外します

エアコンユニットに付いているカバーを取り外します

④古いフィルターを取り外し、フィルターをセットしたら逆の手順で元に戻します

古いフィルターを取り外し、フィルターをセットしたら逆の手順で元に戻します

★あとは簡単にエアコンフィルターが入るケースなどを綺麗な布でふき取ると完璧です★

2.エアコンフィルターを交換する際の工賃

車や地域、交換するお店によって異なりますが、工賃だけですと約3000円前後です。
「プラス」エアコンフィルター代がかかるかたちです。

自分で交換が出来るようになれば、エアコンフィルター代だけで済むので
浮いたお金で、おいしいランチ食べに行けますね。

一度やり方を覚えれば、いつでも交換できるようになるので、
「ちょっとエアコンから臭うな~」だとか「花粉多い季節だったな~エアコンフィルター交換しとこ!」っていうときに便利です^^

交換方法などは、下記のURLを確認してみてください。

URL:http://www.pmc-filter.jp/pc-top.html
パシフィック工業株式会社


国産車のエアコンフィルターの交換方法が分かりやすく掲載されております^^
弊社でもパシフィック工業株式会社さまの商品のお取り扱いをしております!

弊社オフィシャルショッピングサイト「御用聞きの部品屋さん」では
エアコンフィルターも取り扱っております!

☆彡エアコンフィルターはこちら☆彡

エアコンフィルター | 自動車パーツ専門店
【御用聞きの部品屋さん】 (starpartsjapan.com)

車の部品をお探しの方、是非お気軽にご連絡ください^^
お調べさせていただきます!

SNSも更新中(゜o゜)☆彡

次回は
エアコンフィルターの構造について紹介してきます!

8つの強み