カテゴリー: プリウスzvw50

プリウス50系(ZVW50)のエアエレメント交換方法

社員の車の部品を交換してみました!

今回はSさんの愛車である「トヨタ プリウス」です。
今年の12月に5年目の車検がくるということでしたので、
元整備士社員監修のもと、エアエレメントを交換していただきました。

目次
1.取り付けに関する詳細
2.取り付けた商品紹介
3.交換方法
4.取り付け前、取り付け後の様子
5.まとめ

1.取付に関する詳細

・車名:トヨタ プリウス
・年式:平成28年12月
・型式:DAA-ZVW50
・交換に必要物:エアフィルター、(軍手)
・作業時間:5分
・交換した人物:Sさん 男性 72歳 

2.取り付けた商品紹介


エアエレメント
★ PB商品(オリジナルブランド商品)
★ 品番:SAE-1112
★ 御用聞きの部品屋さんページURL
エアエレメント SAE-1112 ブーン アクア ヴィッツ カローラアクシオ カローラフィールダー パッソ 用 エアフィルター | 自動車部品の専門店|御用聞きのパーツ屋さん (starpartsjapan.com)

3.交換方法

▶ ボンネットを開けます。

エアエレメントが装着されている場所を確認します。
 今回のお車(プリウス:ZVW50)ですと、 ボンネットを開けたところの
 エンジンルームの上部に装着されています。

☆豆知識
エンジン内部に吸い込まれる空気を浄化するパーツですので、エンジンの近くに設置されているのが一般的です。
エンジンの上部、もしくはサイドに位置しているボックスが目印となります。
また、プリウス50系(ZVW50)のお車ですと、ゴム製のダクトも目印となります。
そのボックス内にエアフィルターが入っています。

▶ボックスのふたを開けます。
 ボルトで留まっているか、ピンで留められているのですべて外します。
 外すときに硬い時があるので、軍手をつけてけがをしないようにしてください。

<<注意>>
エアフィルターを外す前にエアフィルターがどのようにはまっていたかを覚えておくことが重要です。
新しいエアフィルターを装着する際に、迷わずに装着することができます。

エアエレメントのカバーを外し、どのぐらい汚れているか見てみます。
 鳥の羽がついていました。

★豆知識
エアフィルターには(ビスカス式)と(乾式)の種類があります。
ビスカス式にはオイルを染み込ませているため、汚れておれば、掃除ができないので、そのまま交換という形となります。
乾式にはオイルは染み込まれていないので、汚れておれば、エアーで埃やごみなどを吹き飛ばして掃除することは可能です。
※最近では、乾式の場合でも汚れておれば、そのまま交換することがほとんどです。

▶新しいエアフィルターを外す前と同じ向きで装着する。
 しっかりとはまらないようであれば、装着する向きが違う場合があります。

▶ボックスへカバーを戻し、元通りに戻す。
 その際に、ボルトまたはピンをすべてかける。
 すべてかけておかないと、隙間からゴミが直接ボックスの中へ入り、
 エンジン内部へゴミが入ってしまう可能性があります。

▶最後に、ボンネットのフタを閉めて完成です。

4.取付前/新品比較写真

左側が装着されていたエアフィルターです。
右側が新しいエアフィルターです。
約1年半ほど交換をされていなかったようでして、鳥の羽がついていました。
鳥の羽がこんなにたくさん入っていることは少し珍しいようでして、元整備士もびっくりしていました。
Sさんも鳥を吸ってしまったのかとびっくりしていました。

5.まとめ


今回交換をしたエアエレメントですが、今回のトヨタ プリウス(型式:ZVW50)ですと、エアエレメントがエンジンルームの上部に装着されているので比較的交換しやすいお車でした。

ほとんどのお車が、ボンネットの中にエンジンがあるので、ボンネットの中にエアフィルターが装着されていることがほとんどです。
交換頻度としましては、「1年に1回」もしくは「10000キロに1回」の交換がおすすめです。
交換をせず、エアフィルターを汚れたままにしていると、「燃費の悪化」や「パワーの低下」などの影響が出てきます。
そうならないためにも、定期的な交換が必要となります。

エアエレメントは比較的、簡単に交換ができますので、ぜひ一度交換をしてみてはいかがでしょうか。

交換頻度としましては、「1年に1回」または「10,000kmに1回」の交換がおすすめです。
エアフィルターはエンジンが吸入する空気中のごみやほこりをろ過するものです。
よい燃焼状態を保つためにも、メーカー指定のサイクルでの交換はもちろん、
汚れ具合に応じた交換が必要です。

エアエレメントを交換せずに汚れたままにしていると・・・
1.燃費の悪化
2.パワーの低下
上記などの影響が出てきます。

弊社ではプライベートブランド商品・社外部品・純正部品の
エアフィルターを取り扱っております。
お気軽にお問合せ下さい^^/

☆彡オリジナルブランドのエアエレメント商品はこちらから☆彡
オリジナル商品エアフィルタ | エアエレメント | 自動車パーツ専門店 【御用聞きの部品屋さん】 (starpartsjapan.com)

弊社オフィシャルショッピングサイト「御用聞きの部品屋さん」では
PB商品・社外品・純正品などお取り扱いしております!!

車の部品をお探しの方、是非お気軽にご連絡ください^^

SNSも更新中(゜o゜)☆彡

プリウス50系(ZVW50)のエアコンフィルター交換方法

社員の車の部品を交換してみました!

今回はSさんの愛車である「トヨタ プリウス」です。
今年の12月に5年目の車検がくるということでしたので、
元整備士社員監修のもと、エアコンフィルターを交換していただきました。

目次
1.取り付けに関する詳細
2.取り付けた商品紹介
3.交換方法
4.取り付け前、取り付け後の様子
5.まとめ

1.取付に関する詳細

・車名:トヨタ プリウス
・年式:平成28年12月
・型式:DAA-ZVW50
・交換に必要物:エアコンフィルター、(軍手)
・作業時間:10分
・交換した人物:Sさん 男性 72歳 

2.取り付けた商品紹介

エアコンフィルター
★ PB商品(オリジナルブランド商品)
★ 品番:SCF-1018A
★ 御用聞きの部品屋さんページURL
エアコンフィルター 活性炭入り SCF-1018A アルファード ヴェルファイア ヴォクシー エスクァイア CX-8 用 クリーンフィルター | 自動車部品の専門店|御用聞きのパーツ屋さん (starpartsjapan.com)

3.交換方法

エアコンフィルターが装着されている場所を確認します。
 今回のお車(プリウス:ZVW50)ですと、
 グローブボックスを外した奥に装着されています。

▶グローブボックスを開け、ダンパーを解除し、
 両壁を内側に押しながら手前に引きます。
 すると、グローブボックスが開かれます。

▶グローブボックスを外すと、白いユニットが見えます。
 この白いユニットが風の通り道となっていおり、
 その中にエアコンフィルターが入っています。

▶長細い四角いふたがフィルターカバーですので、このカバーを外します。
 プリウス(ZVW50)のお車ですと、左側のツメを外してから右側のツメを外してください。
 無理矢理に引っ張るとツメが折れてします可能性があるので注意してください。

▶フタを外すと、エアコンフィルターが見えるので、そのまま取り出します。

エアコンフィルターが入っているフレームからフィルターを取り出し、
 新しいエアコンフィルターをセットします。

▶新しいエアコンフィルターをセットします。
 その際、注意していただきたいのが、左右、上下の向きです。
 きっちりとおさまらない場合は、向きが違っていることがあります。
 向きを間違ったままにしておくと、
 洗浄機能が落ちてします可能性があるので注意してください。

エアコンフィルターのカバーをセットします。
 プリウス(ZVW50)のお車ですと、まず、右側のツメをセットしてから、
 左側のツメをセットします。

▶グローブボックスを元通りに戻します。
 グローブボックスの下側にあるヒンジの両端をセットし
 グローブボックス両端についているツメを押しながらはめ込みます。
 そのあと、ダンパーを付けて完成です。

☆豆知識
外気導入の取り入れ口はワイパーの付け根部分にあります。この部分に枯れ葉やごみがついていると、
エアコンフィルターが詰まってしまう可能性があるので注意を。

4.取付前/新品比較写真

左側が装着されていたエアコンフィルターです。
右側が新しいエアコンフィルターです。

Sさんは車の中でたばこを吸われるので、少し汚れやすい環境のようです。
約1年半交換されていないとの事でした。
今年の12月の車検では、交換しなくていいことを覚えておいていただき、
少しでも整備費を抑えられたらラッキーですね!

5.まとめ

交換したエアコンフィルターですが、今回のトヨタ プリウス(型式:ZVW50)ですと、
エアコンフィルターがグローブボックスの奥に装着されているので
グローブボックスの脱着がスムーズにいけば、比較的交換しやすい作業です。

ほとんどのお車はグローブボックス内に、エアコンフィルターが装着されておりますが、
中には、交換しにくいところに装着されているお車もあります。

実際にSさんに行っていただきましたが、初めて交換したこともあり、
グローブボックスの脱着に少し時間がかかりました。
また、助手席の足元で作業をするので、少ししんどかったようです。
「もう、一生せえへん」と言ってました(笑)

★★★後日改めて感想を聞いてみました★★★

Q:実際に交換してみてどうでしたか?

A:思ったより簡単だった

Q:次自分で交換しようと思いますか?

A:交換方法は分かったので、やってみようと思う
(※一生せえへん!と言ってましたが気が変わったようです)

Q:自分一人で交換できそうですか?

A:出来そうです。

交換頻度としましては、「1年に1回」または「10,000kmに1回」の交換がおすすめです。
交換をせず、エアコンフィルターを汚れたままにしていると、
1.クーラーやヒーターの効きが悪くなる
2.フィルターから異臭がする
3.ブロアファンの故障の原因となる
上記のような悪い状況になる可能性があります。
快適な運転ができるようにするためにもエアコンフィルターの定期的な交換をお勧めします。

◎関連リンク

・エアコンフィルター交換しないと起こる「3つ」の症状
投稿を編集 ‹ 御用聞きの部品屋さん — WordPress (starpartsjapan.com)

・嫌なタバコ臭を除去!ヘビースモーカー車のエアコンフィルター交換
投稿を編集 ‹ 御用聞きの部品屋さん — WordPress (starpartsjapan.com)

・自動車のエアコンのフィルターおすすめ8選!性能を一挙公開!
投稿を編集 ‹ 御用聞きの部品屋さん — WordPress (starpartsjapan.com)

・ACフィルター自分で交換!約3000円の節約になる!?
投稿を編集 ‹ 御用聞きの部品屋さん — WordPress (starpartsjapan.com)

・カーエアコン!冷気が出る仕組みを解析!
投稿を編集 ‹ 御用聞きの部品屋さん — WordPress (starpartsjapan.com)

弊社ではプライベートブランド商品・社外部品・純正部品の
エアコンフィルターを取り扱っております。
お気軽にお問合せ下さい^^/

☆彡エアコンフィルタープライベートブランド商品はこちら☆彡
活性炭入 | オリジナル商品 | エアコンフィルター |自動車パーツ専門店 【御用聞きの部品屋さん】 (starpartsjapan.com)

弊社オフィシャルショッピングサイト「御用聞きの部品屋さん」では
PB商品・社外品・純正品などお取り扱いしております!!


車の部品をお探しの方、是非お気軽にご連絡ください^^

SNSも更新中(゜o゜)☆彡


8つの強み